経営戦略・ビジネス

日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

投稿日:

日経新聞と聞くとどのようなイメージがありますか。
・ビジネスよりで専門的
・内容が難しい
・情報が多い
きっと、日経新聞が難しいと思われてる方が多いと思います。

本書は、日経新聞をシンプルに読み解き、ビジネスの活かし方について紹介しています。
日経新聞を読んでいる方ならわかると思いますが、内容がやや難解で記事も多く、すべて読むとなるとかなりの時間を要します。

ビジネスで活かすための日経新聞の読み方にはポイントがあります。

それは、企業面と消費面に特化して読むことです。

正直、日経新聞を隅から隅まで読む場合は、要点が多すぎて即座に頭の整理はできません。
そのため、ビジネスで活かしていく読み方は、「企業面」と「消費面」に焦点を絞って押さえていく必要があります。

そして、読み方については、以下の点を意識して読むと効果が上がります。
◯3W1Hで読む
◯ヒト・モノ・カネの関係性で読む
◯2つのアタマで読む
①経営者視点 ②消費者視点
◯リーディングピラミッドを登る
レベル1理解 →事実を知る
レベル2会話 →意見を持つ
レベル3発想 →アイデアを生む
(P38参考)

第三章以降から、これらの具体的な方法について紹介しています。
活用方法について、順番にやり方が紹介されているので実践しやすいです。

日経新聞は、活用の仕方次第によっては、1企業だけでは到底経験できないだろうたくさんのビジネスモデルを学び、擬似体験することができるので学ぶ価値は大いにあります。
特に将来マネージャーを目指す人であれば若いうちから覚えた方がお得ですね。

また、本書のメソッドを活用出来れば、日経新聞のみに限らず、ネットニュースやビジネス雑誌にも応用できると考えられます。

日経新聞をはじめ、情報の思考整理・活用方法をマスターしたい方にオススメの書です。

以下、タメになった部分をピックアップします。
・現在、知識(FACT)にはいつでも、誰でもアクセスできます。知りたいことは、グーグルで検索すればすぐ調べられる。今は知識を覚える時代ではなく、どう使うかが問われる、知恵(Opinion)の時代なのです(P35)

・日経を読んでいて、「誰が」が出てきたら、「誰に」を探す。「何を」を見たら、すぐ「いくらで」を考える。常に「タテ×ヨコのペア」を探し、2組セットで考えること。これがすなわち、「ビジネスの構造をとらえる」ことなのです(P59)

・すぐに全体像がつかめないような複雑なビジネスを表現するには、まず細部に目を向けることが必要になります。ダイアグラムを描くプロセスは、画家が絵を描くプロセスに似てます(P82)

・日経を読むうえで大切なのは、わからないことに「気づく」こと。つまり、気づける力があるということです。「ヒト×モノ×カネ・リーディング」は、新しい視点を導入することによって、気づくためのきっかけを作る「思考のフレームワーク」なのだと言うこともできます(P172)


-経営戦略・ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戦略シナリオ

戦略思考とは一言でいうと、「不確実なビジネス環境において、明快な将来のシナリオを創る思考」である(引用) 突然いつもとは違う追い詰められた状況に立たされたり、すぐさま結論を求められた場合に、考える術が …

5年後の世界は・・・

5年前に比べると今の状況はかなり変わっています。 ・元号変更 ・消費税10%増税 ・働き方改革、同一労働同一賃金 ・新型コロナウィルス発生 ・東京オリンピック中止 ・リモートワークの推進 特に、新型コ …

副業で自分を売るための第一歩になる本

自分を最高値で売る方法 Contents1 読んだきっかけ2 本の概要3 著者4 ためになったポイント4.1 ポイント① なぜ会社はあなたに給料を払うのか4.2 ポイント② 法則を経験に4.3 ポイン …

2021年を大予測

2020年も終わりが近づいているのを機に、今月は未来予測本を中心に読書していました。今回は、日経新聞記者が2021年を予測している「これからの日本の論点2021」について紹介します。 本書は、・日本経 …

戦略思考コンプリートブック

あなたは、今働いている会社にどんな付加価値が提供できると思いますか? 本書は、付加価値をつけて質の高い戦略思考を養っていくための頭の鍛え方について紹介しています。 ただ会社からの指示をこなしていくサラ …