コピーライティング

「分かりやすい文章」の技術

投稿日:

文章には、

・事実を伝える文章
・やり方を教える文章
・意見や主張を伝える文章
・研究成果を伝える文章
・遊びやデートに誘う文章
・購入を勧誘する文章
などの種類があり、普段私たちの日常においてもこのような書く(表現する)機会は数多くあります。
特に、最近では一般人でもSNSでの投稿が増え、書くことは仕事でもプライベートでも多様性が増し、今後も書くスキルは重要といえるでしょう。

そうした中で、わかりやすく相手に伝わる文章を書ける人は、非常に有利であります。

上手に分かりやすく書くことができれば、
・仕事をスムーズに進めることができる。
・あなたを信頼してより高いステージで仕事を任せてもらえる。
・あなたに興味を持ってもらえる。
など、生活のあらゆる場面で効果を発揮します。

「もしも、あなたが『分かりやすい文章』が書けないとしても、その理由は文才がないのではなく、ちょっとしたコツを知らないからだけなのです」(引用)

本書は以下の流れで、わかりやすい文章を作るテクニック(コツ)について紹介しています。
①構成
②レイアウト
③説得
④センテンス
⑤推敲

それぞれ私が勉強になったところを中心にポイントを説明します。
①構成
文章構成の鉄則は、まず要点を書いてそのあとに詳細を書くことです。
人間の脳は、詳細から先に来て概要が後になると、理解が難しい仕組みになっているため、必ず先に要点を書いて、全体像を把握させていく必要があります。

②レイアウト
見やすさ1つ違うだけで、印象が変わります。
そのため、レイアウトも侮ってはいけません。
みなさんも広告や説明書などでダラダラ長い文章で読む気が失せてしまうという経験があると思います。
このような場面も見せ方を変えることで解消できるのいえます。

具体的には、
・改行で見やすくすること
・グループ分けすること
→Aというカテゴリーの内容、Bというカテゴリーの内容とごちゃ混ぜにならないように、グループ分けすると整理しやすくする
・見出しをつける
ことを紹介しています。

特にグループ分けを意識するば、文章の伝わり方が大きく変わります。

③説得
説得力のある文章にするポイントは、以下4つになります。
・正確な論理で書く
例えば「AだからB」という文章の場合、「なぜAなのか?」という疑問を払拭させる根拠や裏づけが必要です。

・読み手の視点で書く
「自分には当然と思えること」に対して「どうして?」と素人の視点に立って自問自答し、根拠を考えることが大切です。

・自分の感情を押さえて書く
大げさな表現や失礼な表現など自分の感情が目立ってないかチェックします。

・比喩を使う
これは、書く経験が少ないうちは少し難しいと感じてますが、文章の中で、分かりやすい比喩を用いると、読み手の理解を深めるのに役立ちます。

④センテンス
ここでは、文章を短くまとめる(40文字以内)、並列を意識する、曖昧表現を避け具体的に書くことなどが紹介されています。

⑤推敲

長い文章を作る場合は、最後に推敲作業が重要になります。
推敲する上では、以下3つのチェックを上げています。
・無駄を削る
重複表現、過剰な修飾語、不要な語尾など、無意識のうちに使っていることが多いです。
そのため、いまいちどこれらがないかチェックする必要があります。
 
・自然な語感にする
見やすい語順について紹介しています。
たとえば、
お洒落で上品な彼が欲しがっているコート
→「彼が欲しがっていたお洒落で上品なコート
このように、何を伝えたいのか理解してもらうために、修飾語の順番をチェックする必要があります。
 
・丁寧に表現する
おかしな敬語になってないか、過剰に敬語を使いすぎていないかなど、チェックし文章全体を読みやすくしていきます。
以上、本書のテクニック概要ですが、
私も分かりやすい文章を書くというスキルにおいて、まだまだ課題がありますので、より改善に向けて勉強していこうと思います。

文章の基礎を学びたい方、文章スキルを上げたい方は、ぜひ本書がおすすめです。

 
以下、ためになったところをピックアップします。
・人間が物事を理解するときは、まず概要を理解し、その後でないと詳細を理解することができないようです(P36)
 
・「説得力のない文章」の原因は、線(因果関係)の説明がヘタなためです。
ポイント①正確な論理で書く
ポイント②読み手の視点で書く
ポイント③自分の感情は抑えて書く
ポイント④比喩を使う
(P85)
 
・文章が「美しい」のは、芸術文の専売特許ではありません。実務文でも、身なりを整えれば、無駄なく分かりやすく意図を伝達する「機能美」を持つことができるのです(P147)


-コピーライティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不良のための文章術

プロの文章とアマチュアの文章の違いは何か。 それは、プロの文章は、お金に換えることができることです。 お金に換えることとは、読み手へ行動させることを表します。 読み手に行動を起こさせるための、 良質で …

人を操る禁断の文章術

本書は、文章作成で読み手を惹きつける方法をマスターする上でとても参考になります。 内容は、心理的要素を用いて、文章で人を動かす方法について紹介しています。 言葉は同じことを伝えたくても、言い方1つで感 …

武器としての書く技術

コピーライティング! それは、いかに人を引きつける文章を書くかです。 人を引きつける文章を書けると、お金に換えることが可能です。 コピーライティングスキルは、特にWEBで情報を発信してる人、したい人に …

考える技術・書く技術

本書は、私が読んだロジカルシンキング本の中でベスト3に入る良書です。 内容は、論理的な文書を作成するための実用書になります。 ピラミッド構造を用いて、わかりやすく上手に書く技術をつける方法になります。 …

ブログ術大全

読まれる・稼げる ブログ術大全 Contents1 読んだきっかけ2 本の概要3 著者4 今後実践していきたいポイント4.1 ポイント①ペルソナをより意識する4.2 ポイント②リード文は慎重に4.3 …