経営戦略・ビジネス

参画型経営戦略シナリオ

投稿日:

本書は、経営戦略策定の作り方について、紹介しております。
経営戦略の概論を一通り学べることに加え、会社の事業計画や経営計画、あるいは新しい企画を作るときの参考になります。

本書の経営戦略策定ステップは以下になります。

ミッション:何に貢献する企業なのか、どのよう価値を提供するのか
ビジョン:どのような事業を展開することにより、どのような成果を上げるのか
戦略:ビジョンを達成するために何を強みとし、何を捨て、どのような仕掛けで成果を達成するか
計画:いつまでに誰がどのように行うか
管理:計画をスムーズに遂行するために、何をいつどのようにチェックするのか
業務:個々が日々何をどう行うか
(引用)

経営戦略は、ミッションを定め、それに基づきビジョン・戦略を作り、計画を立て、管理・実行していきます。

はじめに、企業の土台を支えるものとして、明確なミッションの策定は欠かせません。
目標は、全社的な大きい目標から部門別の細分化された目標まで落とし込まれますが、全社として一貫されたミッションを前提として作り上げるのが基本です。
ミッションがぶれていると、目標や戦略の方向性が崩れていくリスクがあります。
常に功績を出している企業には、明確なミッションが定められています。

そして、ミッション・ビジョン・戦略の策定前に重要なのが以下3つの要素を捉えることです。
①マクロ環境分析
社会、経済、産業構造など
②業界(市場)環境分析
市場規模、市場シェア、価格など
③社内環境分析
事業ドメイン、技術開発、市場でのポジショニングなど

この3つの要素を揃えたら、自社の課題について分析・判断していきます。
本書の3章で、ロジックツリーやSWOT分析などのフレームワークを用いて、会社の状況を判断する方法について紹介しています。

上記が完了したら、具体的に目標・戦略策定と入って、実行段階まで進めます。

日々、実務業務で忙しいと、このような会社の全体像を把握しながら業務に取り組むことは中々難しいと思いますが、少しでも若いうちからこれら経営戦略の要素を押さえ仕事をしていくと、数年後、職位・年収・評価において、周りと大きな開きが出てくると思います。

私は、新しい施策を行うときなど、ミッション策定から実行までのステップを活用してます。段取りの参考として大変役立っています。

経営戦略・事業計画策定のお仕事に携わっている方はもちろんですが、世の中の状況や会社の強みや弱みを知りたい、経営戦略を学んで業績に貢献したいというような方は本書を読むと非常に勉強になると思います。

以下、タメになった部分をピックアップします。
・目的であり目標であるミッション&ビジョンをもっともっと議論すべきだ。しかも全社員が、自分のこととして。仕事は、ビジネス・パーソンの多くの時間を拘束する。この仕事の時間を拘束とみるか、自己実現の場とみるか?もちろん本人しだいだ(P22)

・ミッション&ビジョン、そして戦略までの出来が、なんといっても大きく経営を左右する。ここまでの戦略シナリオ構築プロセスから、いかに多くの社員が参画しているかが、目標をクリアできるかどうかのカギになる(P48)

・個人のタスクを実行することが、チームのタスク実行につながり、それがエリア、部門そして全社計画の達成となり、最終的に経営戦略の達成へとつながっていく(P338)


-経営戦略・ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戦略シナリオ

戦略思考とは一言でいうと、「不確実なビジネス環境において、明快な将来のシナリオを創る思考」である(引用) 突然いつもとは違う追い詰められた状況に立たされたり、すぐさま結論を求められた場合に、考える術が …

5年後の世界は・・・

5年前に比べると今の状況はかなり変わっています。 ・元号変更 ・消費税10%増税 ・働き方改革、同一労働同一賃金 ・新型コロナウィルス発生 ・東京オリンピック中止 ・リモートワークの推進 特に、新型コ …

仮説思考

「仕事ができる人は、人より答えを出すのが早い人である」(引用) あなたは、仕事を早く進める方ですか?それとも、仕事が滞ることが多いですか? 本書は、仮説を使って物事を迅速かつ正確に整理し、問題解決に向 …

戦略プロフェッショナルーシェア逆転の企業変革ドラマ

本書は、入社8年目でハーバード大学MBAを取得しているエリート社員広川洋一が、異業種へと出向を命じられて、そこで戦略理論を活用し、周りへ働きかけながら出向先への課題にチャレンジしていく、著者の実話を基 …

戦略思考コンプリートブック

あなたは、今働いている会社にどんな付加価値が提供できると思いますか? 本書は、付加価値をつけて質の高い戦略思考を養っていくための頭の鍛え方について紹介しています。 ただ会社からの指示をこなしていくサラ …