ライフハック

有意義な時間の使い方

新年あけましておめでとうございます。
正月はいかがお過ごしですか。

私は休みが続いて時間がありまして、まったりとゆっくり過ごした時間も多く、そんな時間もたまにはいいかなと感じました。

改めて、
「自由な時間がたくさんあればすごいいいなあ」って思いました。
新年最初の記事は、そんな時間について書いていきたいと思います。

たとえば、人に会う予定や趣味、勉強・旅行とかやることてんこ盛りなのに、仕事もたくさんしなければならないと「時間がない」と感じることがよくあります。

だけど、いざ何日かまとめて休みを取ってみると、有意義にいろいろ時間を使えると思ったら、それがまたそんなことなかったりで、だらーっとしているんですよね。

そう思うと、
人はある程度切羽詰まった環境の中でないと、能動的に動くことは難しいのかなと。

そのため、極力時間を減らしたいと思ってること、たとえば代表格でいうと仕事ですね。仕事だって、実は自分を奮い立たす上ですごい重要であって、そうしたやらなければいけないことがあるから、他にもやりたい事や活力が芽生えてくるのかなと思います。

自由な時間はほしいけど、何か自分を追い詰めるもの、奮い立たすようなものがないと、やりたい事って出てこないのかな。と感じます。

そういった意味では、
環境を変えたり、良い感じで追い詰める何かがあったり、大きな目標を持っていた方が、アクティブにいろんなことができるのではないかと思いました。

そして、いかにやりたいことが増えたときに、今後やめることを増やして時間を捻出することも重要だなと思います。


時間を多く手に入れたいというのは物理的に自由な時間があるということより、いかに今の状況でその自由な時間を作っていくかがカギであり、その限られた時間の中でしていく活動が、真の自分のやりたいことだと思いました。

ふと、まったりした時間が出来たので、時間の大切さについて考えた時、そんなことが思いつきました。

新年がスタートしたことをきっかけに、今年はどんなことに時間を使っていきたいか、考えるのもいいと思います。

-ライフハック