日記 感じたこと

マイナス言葉を使うのはダメなことか

投稿日:

一時期、ポジティブシンキング系の本をたくさん読んで、人の内面がもたらす効果について勉強してました。
・前向きな考えが人生を好転させる
・プラスの言葉を使うと運がよくなる
・マイナスの言葉を使ってはいけない
などの教訓をもとに
仕事においてもプライベートにおいてもプラスで物事を捉えるように心がけていました。

そうしている結果、プラスの言葉を使う癖は非常に良いことだと実感しました。
思わずマイナス発言をしそうになった時も、ぐっとこらえてプラス発言にした時など、あとから時間経てば、あの時マイナスな発言しなくてよかったと思う時が多々ありました。

どうしても人間、その場の感情に支配されてしまうことが多いので、時間が経過して冷静になったら、後悔してしまうことが多々あります。

また、周りを見ても、否定的な発言をする人より、肯定的な発言する人の方が、仕事ができて、周りからも慕われている割合が高いです。
そうした人たちに囲まれて生活していた方が、自分自身のレベルアップになると感じました。

ただ、だからといって
否定的な言葉を使ったらダメなのかと言うと、
別に使ってもいいと思います。笑

プラスの言葉は大切と言っておきながら、マイナスの言葉を使うのもありだよって矛盾したような言い方になりますが、

否定的な事を言う。散々吐く。

ただし、その後はいつまでも引きずらない。
言ったとしても、あくまでちょっとしたストレス解消というニュアンス。
言ってスッキリしたらなら気持ちを切り替えて、次は前向きに考え直すこと。
こうすれば、前向きな行動に駆り立てることができると思います。

マイナス発言するとやばいのは、それが癖になって何でもかんでもネガティブに捉えてしまうことです。

自分自身、マイナス発言だと認識して、言い終わったら気持ちの切り替えができるのであれば、それはそれで良いかなと思います。

私も、たまには飲み会で愚痴をはくし、嫌なことが続くと何もしたくなくなります。時にはわがままな事や自分勝手な衝動に駆り立てられることもありますが、すべてはいっとき。
自分に非があれば、気持ちを切り替えてプラスへ転じます。

マイナス発言したら、すぐ気持ちを切り替える。

それが大事なのではないでしょうか。


-日記, 感じたこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公共交通機関で学べること

公共交通機関で、世の中の人間の心理や傾向が分かり、マーケティングのヒントになります。 たとえば、通勤ラッシュ時に地下鉄や電車に乗る方なら実感していると思いますが、大勢の人がドア付近に集中して、奥の方が …

おすすめ本100冊突破

これまで私が読んできた本の中で、おすすめの100冊を紹介してきました。中身は数ヶ月前に読んだばかりのものから10年以上前に読んだものまで様々でした。こうやって振り返ってみると、時間が経てば中身を忘れて …

読書の重要性について

今日は改めて読書の重要性について書きます。 このご時世家の中で読書の機会が増えた方もいるかもしれませんが、 個人的には、自己実現をしたければ読書は必須であると思っています。 読書が重要なところは何かと …

仕事で頭角を出すための考え方!【就活生にもタメになります】

サラリーマン生活を 10年以上していると、 仕事スキルはもちろんのこと、 人間関係、お金の流れ、世の中の動き、 などなど注意を向ければ いろんな事に気づくことができます。   仕事していれば …

トップ人材になるためのマインドセット

一生懸命仕事を頑張っていれば、 それに伴う結果もほしいところですね。 今日は、 結果を出して、トップの成績を収めるための マインドセットについてお伝えします。   結局ですね、 結果を出すと …