マーケティング 経営戦略・ビジネス

2021年を大予測

投稿日:

2020年も終わりが近づいているのを機に、今月は未来予測本を中心に読書していました。

今回は、日経新聞記者が2021年を予測している「これからの日本の論点2021」について紹介します。


本書は、
・日本経済や政治
・日本企業
・世界経済や政治
の3つの時点で、それぞれ23人の専門記者が来年の見通しについて予測しています。

やはり、コロナ影響が2021年も政治・経済の論点となります。
コロナ影響で大きく変わった生活・経済に対してどう対応していくかが問われていくと思われます。

私が勉強になったポイントを紹介します。


【日本の株式市場】
4月には緊急事態宣言を実施し、7月以降は回復に向かうと期待していましたが、新規感染者は急増し、今もさらに拡大し続けています。
人々の活動も従来よりは停滞気味になるので、もうしばらく日経平均は低迷しつつあると予感します。
ただし、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)をはじめとした、コロナ影響をビジネスチャンスと捉えて動いているIT企業の動向は株価も左右していくと思われるので注目していきたいです。

【社会保障問題】
超高齢社会である日本にとって、社会保障を支える上で大事な要素が、「人手」の問題です。
ただし、若年者の人口割合が減少していることをふまえると、頼るのが外国人労働者になります。
ここの拡大を進めてはいましたが、コロナ禍によって国際的な移動が制限され、ストップしている状況です。
受け入れはコロナが収束次第になりますが、まだまだ先行き不透明であります。
そうなると、別な要素でと社会保障負担が上がってくるかもしれないですね。

【企業動向】
GAFAとマイクロソフトの時価総額合計が、東証1部上場企業2170社の合計を追い抜いたそうです。
これは脅威としか言いようがないですね。
そして、コロナ禍でのオンラインサービスの利用が続けばますます上がっていくでしょうし、この5社は付加的サービスをどんどん出していけるので21年も威力を発揮していくだろうと思います。
私も、引き続き注目していきます。

【雇用関連】
ジョブ型雇用を導入し始めている企業が徐々に増え始めています。
そして、コロナ影響を機に、経済情勢が厳しくなっていくと、雇用状況にも影響を及ぼし、年功序列型から欧米主流であるジョブ型雇用を導入する企業も増えていくのではないかと予想しています。
そうなると、専門スキルを確立していくことが、どんな社会人でも求められるかもしれないです。
正社員になれば会社に守られるのは、当たり前ではなくなっていきそうですね。

なかなか先が読まず、世の中の状況が大きく変わっていますので、今後の見通しを知る上で、経済・政治について把握しておくことは非常に大切だと実感します。


-マーケティング, 経営戦略・ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戦略シナリオ

戦略思考とは一言でいうと、「不確実なビジネス環境において、明快な将来のシナリオを創る思考」である(引用) 突然いつもとは違う追い詰められた状況に立たされたり、すぐさま結論を求められた場合に、考える術が …

100円のコーラを1000円で売る方法

本書は、やり手セールスウーマン「宮前久美」が、自身の希望で商品企画部へ異動し、自社(駒沢商会)の会計システムにおける魅力的な商品開発を目指していきます。そこで、凄腕マーケティング担当者「与田誠」からア …

戦略思考コンプリートブック

あなたは、今働いている会社にどんな付加価値が提供できると思いますか? 本書は、付加価値をつけて質の高い戦略思考を養っていくための頭の鍛え方について紹介しています。 ただ会社からの指示をこなしていくサラ …

日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

日経新聞と聞くとどのようなイメージがありますか。 ・ビジネスよりで専門的 ・内容が難しい ・情報が多い きっと、日経新聞が難しいと思われてる方が多いと思います。 本書は、日経新聞をシンプルに読み解き、 …

使える弁証法

「どうすれば、未来が見えるのか」(引用) 本書は、未来の予見方法について書かれています。 未来予測は特別な調査や分析は必要としません。 キーワードは「哲学的思索」になります。 材料としては、ときおり目 …