2021年読んだおすすめ本 生き方

体験を意識して生きよ【普段の日常に着目】

投稿日:

体験の哲学 地上最強の人生に役立つ哲学活用法

読んだきっかけ

史上最強の哲学入門」でも
おすすめ書として、以前も紹介しました。
飯茶さんの本は気になって、最新本を購入。
内容も、「哲学をどう人生に役立てるか」「体験を意識する」など、ぱっと見だけでも非常に濃いテーマ。
この著者の哲学ワールドに再度入りたいと思い、本書を読みました。

 

本の概要

簡単に言うと、
「体験を意識して生きよ」ということ。

 

私たちの生活において
ほとんどが体験することを意識せず、
無意識の中で生活しています。

 

ただし、幸福感を味わうには、
体験そのものをしっかり意識すること、
そのためには日常生活において
体験を意識する生き方を身につけることが
大切であるということです。

 

本書では、そんな、
幸福感を得るための
体験のやり方を学ぶことができます。

また、何も実践をせず知識だけを得るような学習は役に立たないと仰っています。

 

 

「なっちゃいない。漫然と日常を生きるな。
何を前にし、何をしているかを意識しろ。」
「行為それ自体が目的となるような
行為こそが幸福だ」(引用)

 

 

見出しタイトル
◼️目次
第一章 体験の哲学
第二章 体験の効能
第三章 「体験する」ための作法
第四章 体験のチェックリスト

 

 

著者

・以前私のおすすめ書に殿堂入りした「史上最強の哲学入門」の著者

・他も本を複数執筆

・初体験を味わうための配信プラットフォーム「シラス」にて番組を配信中

 

ためになったポイント

ポイント① 普段見過ごされている日常に着目する

本書の内容はまさにこれになります。

ただ漫然と生きるのではなく、
ありふれた生活の中で深く深く
自分の行っている行為を認識する。

 

それこそが、充実した人生の一歩になります。
たとえば、

・ご飯食べる時
・散歩をする時
・人と話しする時
・テレビを見る時
・本を読む時

 

1つ1つを体験として捉え、
意識していくことです。

 

そして、出来事に対して
感情が何もなければ、
哲学的ゾンビに陥っている可能性があり、
危険な状態であるようです。

 

そうならないためにも、
体験を意識すること。
ここがまずは始まりです。

 

ポイント② 未来に気づく

私たちが日常をぼんやりと生きてしまう
1番の原因は、

「知っているもの」が繰り返される時です。

たとえば、

・普段の通勤
・仕事
・ランチ
・買い物
・家族との会話

 

など、いつも当たり前の日常を目にする時、ぼんやりと生きていることが多いのです。

 

ここで大切なことは1つ。

 

自分は知っているという
思い込みを除去すること。

 

これを本書を読んだ私なりに解釈すると、

ランチをするときは今まで食べたことない違うメニューを選んでみる
通勤は通ったことない違う道を歩いてみる
休日は普段してないことをしてみる

 

こういった未体験を意識し
どんどん取り入れていくことで、
知らない世界を体験し、
意識の快活さを取り戻すことが大切です。

 

これは、ほんと重要だと思っていて、
たとえばAirPodsで
同じ曲の音楽を聴くとしても、
通勤中に聴く時
ゆっくりとおしゃれなカフェで聴く時
寝る前に聴く時
散歩しながら聴く時
旅行へ行く飛行機の中で聴く時
すべて、体験の感じ方は違います。

 

こうやって、未体験のことを経験していくと気持ちにもワクワク感が増しますね。

 

ポイント③ 体験を事前に調べる

体験を意識すると言うと、
たくさんのいろんな経験を
行おうと意気込みたくなりますが、
それよりも何よりも、
1つの体験を意識して深く味わうこと。

 

こちらの方が大事で体験の
質が高いようです。
そして、
体験を深く味わうために大切なことが、
その体験の前にあらかじめ
ネットで検索して基礎知識をつけておくこと。

 

これをすることで良いことは、
深くいろんなことを関連づけて
把握しておくことで、体験への感じ方が
ぐっと変わることです。

 

たとえば、
ウィスキーを飲むという行為も、
ただ美味しいと味わって飲むだけより、
調べて、
ウィスキーの歴史について調べたり、
ウィスキーに入っている成分を理解したり、
ウィスキー好きはどんな人が多いのかなど、
多方面で調べて把握するのとでは、
味わい方が全く違ってくるでしょう。

 

まとめ

最近、少し時の早さを感じてしまっている自分がいるので、プチ哲学的ゾンビになっているかもしれません。

 

それを、解消させるためにも、
体験の質を上げていきたいと思いました。
充実した時間を手に入れたいと
考えている方は、本書は勉強になりますよ。

 

体験の哲学 地上最強の人生に役立つ哲学活用法


-2021年読んだおすすめ本, 生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相手の心をつかむ技術【ビジネスにも恋愛にも有利】

  リンク   「説得とは、相手の考え方・行動・決断などを自分の望む方向に動かすことである。ただし、その人が快く動いてくれるのでなければ、正しい説得とは言えない。」(引用) &nb …

無意識を鍛える

なりたいこと、やりたいことを引き寄せるのは、無意識の力が大きく関わっています。 無意識の力を「潜在意識」とよく表現します。 この潜在意識をうまくコントロールすることが、目標を実現させていくポイントにな …

微差力

微差力 Contents1 読んだきっかけ2 本の概要3 著者4 ためになったポイント4.1 ポイント① まず自分を愛する4.2 ポイント②人を照らして生きる4.3 ポイント③惜しまれる存在になる5 …

文章術のベストセラー100冊が1冊に凝縮!

文章術のベストセラー本が1冊に凝縮された本が出版されました。 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。 文章術のベストセラー100冊の中で共通している部分をランキング形式で紹介 …

幸福とは何か考えてみた

幸福とは何か? ・莫大な富を築くこと ・自分の好きな仕事が出来ること ・自由な時間があって毎日旅に出かけること ・大好きな家族と幸せに暮らすこと ・心身ともに健康なこと ・やりがいや楽しみがたくさんあ …