日記 ためになること

大勢の前でも緊張せずスピーチする方法

投稿日:2021-07-28 更新日:

大勢の前でお話しをする時、緊張しますか。

たいていの人は、緊張すると思います。

私は、新卒社員時代からイベントの席で台に上がってスピーチをしたり、役員クラスの方へ業績発表をしたり、これは緊張するな、震えちゃうな、出来ればやりたくないと思うような場面を何度か経験しました。

その当時は、嫌で嫌で仕方なかったのですが、やっていくにつれて不思議と慣れていきました。

そんな私の経験談として、
大勢の前でも緊張せずにスピーチをする方法を紹介します。

 




あえて緊張を受け入れる

緊張するなと思えば思うほど緊張してしまうものです。
スピーチに慣れて緊張しない人は、そもそも緊張なんてことは考えず、別のことを考えていたり、話すのを楽しみにしていたりするもので、緊張の概念がないんです。
なので、「緊張しないように」と考えている時点で、緊張からは逃れられないので、あえてその緊張を受け入れるようにします。
自分が緊張していることを認めることで、少し気持ちが楽になります。

 

半分以上のリスナーは話を聞いていない

実際にあとから聞いてみると、「聞いてなかった」とか「そういえばそんなこと言ってたね」くらいの反応しかなかったりします。
自分のことを知ってるごく一部の人間は聞いてるかもしれませんが、たいていはしっかりと聞いてないことが多いです。
そのため、聴衆の大半はあなたの話しを隅から隅まで聞いてはいないだって思うと、ぐっと楽になります。

 

うまく伝えようと考えない

うまい言い回しを考えるとそれだけ混乱します。
1番わかってほしいことだけ伝わればOKです。
細かいことまでみんな聞いてません。
多少話し方がぎこちなかったり、説明の仕方が下手でも、伝えたいことは伝わるものなので、最低限何を伝えたいかだけ焦点をあてて望むと良いです。

 

さいごに

こういったことを意識して場数をこなしていけば、次第に大勢の前でも億劫にならずにスピーチすることができます。
意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。


-日記, ためになること

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世の中のトレンドを知る上で便利な場所

見ただけである程度世の中の傾向がつかめる場所ってありますよね。 たとえば、 ・街中や駅前の商業ビルの賑わい方 ・公共交通機関の混雑具合 ・休みの日の交通状況 などなど、普段より車通りが多かったら何かセ …

成長を一気に加速させる方法

今日は物の整理整頓をしていました。 そしたら、ふと昔使っていた懐かしい物が出てきたので、昔の出来事など物思いにふけってました。 そんな時、あの頃に比べて成長したなとか、あの時はまだこうだったな、なんて …

読書月間にします!【月々テーマを決めて紹介】

気温もだいぶ下がって、 すっかり秋の季節になりましたね。   そんな秋に最適なのは、 やっぱり読書!   そんなわけで、10月から読書月間にして、 月々で読むテーマを決めて、おすす …

魅力的な文章のパターンを考えてみた②

魅力的な文章のパターンとして、前回は「メリット」をお伝えしました。今日は2つめをお話ししたいと思います。 「悩みを伝える」 人は痛みを避けて快楽を求める心理があります。そのため、痛みがあると、それに対 …

公共交通機関で学べること

公共交通機関で、世の中の人間の心理や傾向が分かり、マーケティングのヒントになります。 たとえば、通勤ラッシュ時に地下鉄や電車に乗る方なら実感していると思いますが、大勢の人がドア付近に集中して、奥の方が …