日記 ためになること

大勢の前でも緊張せずスピーチする方法

投稿日:

大勢の前でお話しをする時、緊張しますか。

たいていの人は、緊張すると思います。

私は、新卒社員時代からイベントの席で台に上がってスピーチをしたり、役員クラスの方へ業績発表をしたり、これは緊張するな、震えちゃうな、出来ればやりたくないと思うような場面を何度か経験しました。

その当時は、嫌で嫌で仕方なかったのですが、やっていくにつれて不思議と慣れていきました。

そんな私の経験談として、
大勢の前でも緊張せずにスピーチをする方法を紹介します。

 

あえて緊張を受け入れる

緊張するなと思えば思うほど緊張してしまうものです。
スピーチに慣れて緊張しない人は、そもそも緊張なんてことは考えず、別のことを考えていたり、話すのを楽しみにしていたりするもので、緊張の概念がないんです。
なので、「緊張しないように」と考えている時点で、緊張からは逃れられないので、あえてその緊張を受け入れるようにします。
自分が緊張していることを認めることで、少し気持ちが楽になります。

 

半分以上のリスナーは話を聞いていない

実際にあとから聞いてみると、「聞いてなかった」とか「そういえばそんなこと言ってたね」くらいの反応しかなかったりします。
自分のことを知ってるごく一部の人間は聞いてるかもしれませんが、たいていはしっかりと聞いてないことが多いです。
そのため、聴衆の大半はあなたの話しを隅から隅まで聞いてはいないだって思うと、ぐっと楽になります。

 

うまく伝えようと考えない

うまい言い回しを考えるとそれだけ混乱します。
1番わかってほしいことだけ伝わればOKです。
細かいことまでみんな聞いてません。
多少話し方がぎこちなかったり、説明の仕方が下手でも、伝えたいことは伝わるものなので、最低限何を伝えたいかだけ焦点をあてて望むと良いです。

 

さいごに

こういったことを意識して場数をこなしていけば、次第に大勢の前でも億劫にならずにスピーチすることができます。
意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。


-日記, ためになること

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事で評価をもらえなくてもしておいた方が良いこと

今日は、仕事で頑張ってるのになかなか報われない、ちゃんとやってるのに評価がもらえない、という人向けにアドバイスをしたいと思います。 営業での売上や販売受注数などについては、数字がものを言うとためわりと …

マイナス言葉を使うのはダメなことか

一時期、ポジティブシンキング系の本をたくさん読んで、人の内面がもたらす効果について勉強してました。・前向きな考えが人生を好転させる・プラスの言葉を使うと運がよくなる・マイナスの言葉を使ってはいけないな …

コロナ禍で発見したこと

新型コロナウィルス。 今や感染者も増加一方であり、発生した当時はここまで長期戦になるとは思いませんでした。かなり身近なものになってしまい、どこの職場も学校もマスク・手洗い・換気・ソーシャルディスタンス …

読書月間にします!【月々テーマを決めて紹介】

気温もだいぶ下がって、 すっかり秋の季節になりましたね。   そんな秋に最適なのは、 やっぱり読書!   そんなわけで、10月から読書月間にして、 月々で読むテーマを決めて、おすす …

誰でもできる!一石二鳥の節約効果はこれです!

節約していますか。 「電気の消し忘れ」や「スーパーの安売り」「ポイントアップ」「割引の利用」「カード会員登録で◯%OFF」など 小さなことを含めると節約には いろんな種類があります。 続けていけば、年 …