2021年読んだおすすめ本

コンサルタント流仕事術をマスターしよう

コンサルタントと聞くと、以前は専門の会社にお願いするイメージが強かったですが、今ではビジネスマンである誰もが必要なスキルとなってきています。

言われたことをするだけのビジネスマンは次第に淘汰され、現状を改善する能力や問題解決でスキルは今後も必須スキルになっていくでしょう。

本日は、コンサルタント歴30年以上の著者が書いたコンサル本をご紹介します。

戦略コンサルタント 仕事の本質と全技法?「頭の知性」×「心の知性」×「プロフェッショナル・マインド」を鍛える最強のバイブル

著者は、コンサルティング業務を「触媒」と表現しています。
それは、クライアントの問題について、一緒になって同化させることはせず、その問題について化学反応を起こし、触媒を加えることで、良い企業へ変身させる例えからそう伝えています。

こういった考え方も、今はコンサルタント独自のものだけでなく、社内のビジネスマンも持つべき要素ではないかと思います。

本書では、この一流の触媒になる方法について紹介しています。

・頭の知性
・心の知性
・プロフェッショナルマインド
(引用)
本書で学んだ、
仕事に活かすべき内容をまとめます。

 

適社性

いくら合理的な良い戦略でもそれが自社の文化や強み、体質などにマッチしていなければ、いつになっても実現は不可能なので、実現可能な事と社員が納得し動かせるものを意識して取り組んでいく必要があります。

 

概念化・構造化・言語化

まさしく私は、ブログを通してやっていることでした。
仕事上の内容を細かくブログで公開することはできませんが、少しでも経験したことを伝えたいと思い、こうしてブログを書いてます。
具体的にできない場合は、概念化を意識して作成していますが、概念化はひとつ経験した事象に対する、別な事象への応用力にもなります。
意識すれば格段にビジネススキルを上げることが出来ます。

 

クリエイティブシンキングを鍛える

ロジカルシンキングはビジネスを合理的に進める上で必要なスキルです。
ただ、それだけでは難題を突破するのは難しいです。
そこで必要なのが、ロジカルシンキングに加えて、クリエイティブシンキングです。
常識を否定してみることや立ち位置を変えてみるなど本書でクリエイティブシンキングを鍛える方法が載っています。

 

さいごに

本書はコンサルタントの仕事について書かれていますが、仕事で結果を出す上で必要なマインドについても勉強できる内容となっています。

徐々にAIに業務が代行されていく現代、人にしかできないスキルをつけていきないなら本書はヒントになるでしょう。

-2021年読んだおすすめ本