仕事

はじめてのGDT ストレスフリーの仕事術

投稿日:2020-09-09 更新日:

仕事で以下の悩みを抱えていませんか。

・やるべきことが多すぎて時間が足りない
・次々とやらなければならない業務が発生し、終わらない仕事にストレスを抱えている
・仕事量が多く、質の高い仕事ができていない

なんてことはありませんか。

特に、仕事ができる人や期待されている人の方が、たくさんの業務を任され、こうした状況が見られると思います。
上記のような状況になってくると、頭が混乱し、ストレスが増え、仕事のクオリティに影響を及ぼします。

現代のビジネスにおいては、凄まじいスピードと変化が求められます。
そして、今任されている「仕事」「プロジェクト」は中々終わりが見えず、さらにやらなければならないことも複数あるという状況だと、到底普通にこなしていくだけでは、追いつかないのが現状でしょう。

そうした時に、いかに効率的に生産性を上げていくか、やり方を身につけるのは重要なことです。
ただ漫然と行き当たりばったりで進めているだけでは、ある程度はできるようになりますが、劇的な成果は上がらないでしょう。

本書では、GDTという手法を用い、多忙な状況から頭をすっきりさせ、高い生産性を発揮していく「やり方」について紹介しています。

GDTは、以下の5つのステップを実践していきます。

①収集
やらなければならないこと、気になることなど情報をまとめること
(不要・必要関係なくまずはまとめる)
②処理
まとめたものについて、どう処理するか
(不要か保留かすぐやるか)
③整理
処理したものをどのようにカテゴリー分けしていくか
④レビュー
①〜③で実施してきたことの見直し
⑤実行
やる必要があるものに対して実行

GDTにおいて、私が勉強になったところを紹介します。

次にとるべき行動は何か
たくさん業務を抱えると、時間ばかりが過ぎ、うまくいかないことが多々ありました。
そんな時に便利だったのが、
次にやるべき具体的に取る行動を把握することでした。
行動する必要がないのか、誰かにお願いできるものか、そして自分がやる必要のものであれば、どんなことをするか捉える必要があります。
たとえば、「人事評価を見直す」という仕事であれば、まず現状の人事評価を把握するところから始める場合、「過去5年間の営業社員の人事評価データをとりまとめる」といった具合にそれぞれの案件に対し、具体的な行動をどんどん出していきます。
また、A案件での必要な行動、B案件での必要な行動といった具合にそれぞれ記録していくことで、全体を俯瞰した時に何を重視するか分かるようになっていきます。
まずは、仕事を任されたらとるべき行動を把握する。ここから始めると良いと思います。

仕事を定期的にレビューできているか
もうひとつ勉強になったことが、仕事の定期的なレビューです。
本書では、仕事は以下の3つに分類されると説明しています。
・あらかじめ決まっている仕事
・予定外の仕事
・仕事を見極めるための仕事

意外と多いのが、「予定外の仕事」ではないだろうかと思います。
お客様からの急な依頼、突然のトラブルやエラーなど予定していた仕事を置いて、予定外の仕事に時間を割かなければならなくなった、なんてことが誰しも経験しているのではないでしょうか。
予定外の仕事も上手にこなしていくために、ステップの4つめである「レビュー」をしっかり行って、突発で発生した仕事が今している仕事より重要かどうか判断していく必要があります。
具体的なレビュー内容については、本書のP202〜203が参考になります。

仕事量が多く忙しい方、たくさんの仕事を任されるけどどれもこれも中途半端になってしまう方など、本書の整理術は参考になります。

以下、タメになった部分をピックアップします。
・私が何千人ものプロフェッショナルを指導してきて気づいたことがある。それは、彼らにとって最大の問題は、多くの人が思い込んでいるような「時間の不足」ではないということだ。本当の問題は、プロジェクトの真の意味を把握しておらず、次にとるべき行動がわかっていないことにある(P38)

・最初の「収集」てまは紙が必要になる。1枚の紙に考えをすべて書き出すだけで、驚くような効果がある。ほとんどの人は紙に書いたものを「処理」してリストにし、紙以外の整理システムに移すことになるが、紙だけですべてをやってしまう人もいる(P93)
・「プロジェクトリスト」は、最低でも週1回は行なう「週次レビュー」においてその真価を発揮する。この週次レビューにより、各プロジェクトの行動ステップが決まり、行動の全体像を把握できるようになる(P169)
・実際、人生や仕事においては、多くのことが突然目の前に現れる。そしてたいていは、それが最優先事項となる(P215)
・仕事が予定外のことで中断されるのを嫌う人は多い。しかし、予定外の出来事は人生には付きものだ。空き時間にやる整理済みのことと、突然舞い込んでくること。この2つのさばき方に慣れてくると、てきぱきとタスクを切り替えていけるようにする(P218)

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社を使い倒せ

「会社で自分のやりたいことができない。そんなとき、あなたならどうします?辞めて転職する。あるいは起業する。そうした選択肢もあるでしょう。でも僕は会社を辞めませんでした。会社を使い倒す。それが僕の選択肢 …

プロフェッショナルの条件

「これからの数十年にわたって、知識労働者として活躍する人としない人、知識経済において繁栄する組織としない組織の差は歴然となる。まさに本書は、読者の方々が、成果を上げ、貢献し、自己実現していくことを目的 …

無敵の仕事術

「人生やビジネスマンとしてのキャリア全体を壮大なドラマ、映画だと考えてみたならば、主人公は、往々にして若い時分の悩みや絶望がきっかけとなって、何かを掴んで大きく成長していくものなのだ。…どうせ生きるな …

ハイコンセプト

富を獲得していく人はどのような人か。 本書の刊行は、2005年とかなり昔になりますが、当時言われていたことは現在まさしく当てはまっております。 刊行から15年が経っていますが昔と比べてみると、外国への …

自然体

2020年現在、サッカーJ1の歴代最多出場選手はどなたか分かりますか? それは、今回紹介する本の著者「遠藤保仁」選手です。 遠藤選手といえば、コロコロPKで有名です。 私もサッカー経験者ですが、最後ま …