コミュニケーション・人間関係

愛とは怖れを手放すこと

投稿日:2020-02-19 更新日:

あなたは、許せない人がいますか?
または、相手に許せないようなことをしたことがありますか?

本書は、心のやすらぎについて書かれた自己啓発書になります。
自分の内側に目を向け、みずからの考え方を変えて、心の中の怖れを消していくことについて書かれています。

著者は、国際的に有名な精神医学者であり、「生き方を変えるヒーリングセンター」を世界30カ国で設立し、講演活動もされているジェラルド・G・ジャンポルスキーさんになります。

世の中には、仕事・家庭・お金など自分の望みがすべて叶ったとしても、心が空っぽでいつも満たされない人がいます。これを本書では「スピリチュアル欠乏症」と呼んでいますが、うわべだけの成功ではなく、心の内側を満たす必要があると提唱しています。

そのために、必要なこととして、まずは「ゆるし」です。
本書で言うゆるしとは、「自分を痛めつけることはしない」、「苦しまないという決意をすること」です。
過去に怖れていた気持ちを忘れること、他人が自分にしたこと、自分が他人にしたことを水に流す必要があるのです。
不平な気持ちでいっぱいになると、これから新しいチャンスをつぶしてしまいかねません。
ゆるさないことは、ずっと過去にしがみついたままであり、自分の成長をストップさせてしまいます
過去の罪悪感にいつまでも捉われずに、他人・自分をゆるして、未来に向かって進んで頂きたいですね。

もうひとつが、「人に与える」ということです。

人はどうしても何かを得ることばかり考えがちです。

でも、他人から何かを得るべきという考えはすべきではないのです。なぜならば、得られなければ相手を憎むという結果になるからです。
そうなると、自分に苦悩を感じ、苦悩は、失望や怒り、病気などの形で表れます。
どんなときでも、見返りを求めず与えることに専念して、相手から何かを手に入れようという考えを捨てたときこそ、心のやすらぎが訪れます。

このように今の凝り固まった考え方を変えていけば、自分の目に映る「結果」も変わります。
今実在している自分は、今この瞬間しか体験できません。

読んでて多少難しい部分もありますが、生きていく上での大切な原則が書かれておりますので、非常におすすめです。

以下、ためになった部分をピックアップします。

私たちは目標を一つにしぼることをせず、あれもこれもと目標にしがちです。しかし、そんなことをしても、焦点はぼやけ、葛藤が大きくなるだけです。心にただ一つの目標を抱き続けるためには、「気がついたら海でおぼれていた、という状況になったとき、目指すべきただ一つのものは何か」と自分に問いかけてみることです(P32)

怖れと愛を同時に経験することはできません。どちらの感情を望むのかは、つねに私たちが選ぶのです。怖れではなく愛を選びつづけることで、人との関わりの性質や本質を変えることができるのです(P43)

無条件の愛を経験するには、「評価したがる自分」を捨て去ることが必要です。そして自分自身とほかの人たちに向けられた、「私はありのままのあなたを、無条件に愛し、受け入れます」という力強い内なる声に耳を傾けるのです(P115)

罪の意識を生み出す、つらい過去の経験に私たちを縛りつけているのは、過去や未来をコントロールし、予測したいという、自分自身の強い思いです。私たちの心がつくり出す罪の意識と怖れは互いに結びついて、過去はそのまま未来へ続いていくのだと、私たちに信じさせようします(P133)


-コミュニケーション・人間関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

(日本人)

日本人のイメージは人によって様々だと思いますが、どちらかというと集団的イメージを持つ人が多いのではないでしょうか。 (私はそう思ってます) 「世界価値観調査(World Value Survey)」が …

超一流の雑談力 「超・実践編」

会話において、以下のようなことを感じたことはありませんか。 ・リアクションがイマイチな人が相手でも会話に弾みをつける方法はないのか? ・部下を指導したり、人に説明したりする際、もっと腹落ちしてもらえる …

トークスキルの磨き方

あなたはトークに自信がありますか。 初対面の人とも分け隔てなく喋れますか。 人を笑わせるのが得意ですか。   本日ご紹介する本は、 YouTuberとしても 有名なメンタリストDAIGOさん …

社会人として必要な「聞く力・話す力」の高め方

会話力を高めるためにはどうしたら良いでしょうか。 ・話題が豊富 ・話し好き ・語彙力が多く表現が豊か このようなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。 しかし、こうした表面的な部分だけを鍛 …