成功哲学

トムピーターズのサラリーマン大逆襲作戦① ブランド人になれ!

投稿日:2020-04-15 更新日:

「自分の人生は自分で生きるしかない。誰かに代わりに生きてもらうわけにはいかない」(引用)

本書は、タイトルのとおり、個人のブランド力を上げるための方法論について紹介しています。
業務が自動化・機械化されてきている昨今において、いまある仕事が将来残っている保証はありません。
私も仕事や副業、またこのようなブログを通じて発信しているのも、個人としてのブランド価値を見い出したいからであります。

本書を通じて、私が意識していることやっていること4点を紹介します。

自分をブランドにする
自分がいまやっていることは、自分のブランド化になにか役立つか、常に自分に問いかける。
無駄と思ったことはすぐにやめるようにしています。

一旦集中
・とりあえずではあっても、ひとつのことが決まったら、自分の時間の75パーセントを、その一点に集中する。
まずは3ヶ月は続けます。

極める
・自分は人とどこが違うのか。その違うところにいったいどういう価値があるのか、考える。
この行いは、自分自身を知る上で大切です。時間を見つけて自分を客観視してみると、新たな気づきがあるかもしれません。

達人を目指す
・人間は一生勉強なのだと思い、達人になることを真剣に考えてみる。
たまには息抜きも大切ですが、どうせやるなら達人の領域まで踏み入れたいですね。

本書は、中身が非常に目立つ要素も多いので、平凡なサラリーマンでいたい方や最低限の収入でプライベートを充実させたいという方にはオススメではありません。
ただし、仕事で頭角を出していきたい方やプライベートでも周りから魅力的な存在として名を知られたい方には、たくさんのやるべきことが載っているので参考になるでしょう。

以下、ためになった部分をピックアップします。
・これから毎日自分にこう問いかけてみよう。
自分がいまやっていることは、自分のブランド化になにか役立つだろうか?答えがノーなら、時間の使い方を考え直した方がいい。P39

・自分の名前をブランドにして、何かの達人になる。どうすれば達人の域に達することができるのか。超一流の人に話を聞いてみよう。P57

・ブランドを目指すとき、なによりも避けなければならないのが精力の分散だ。P118

・最終目標は一点だ。これは苦しい作業になるが、苦しむだけの価値はある。一点に集中しなければ衆に抜きん出ることはできないし、それになにより、もてる力のすべてを振り絞って、ただひとつのことに打ち込むことほど、人生の愉悦はない。P119

・自分は人とどこが違うのか。その違うところに、いったいどういう価値があるのか。考えてみよう。はっきりと答えが出るまで。P132

・人間は一生勉強なのだと思い、達人になることを真剣に考えてみよう。P208


-成功哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残酷すぎる成功法則

本書は、通常の成功哲学本とはちょっと違った視点で書かれてます。 世に溢れている成功哲学本は、 ①富を得た成功者の体験談 ②古くからの言い伝えや宗教などを元に成功法則を伝える内容 この2つがよくあるパタ …

変な人が書いた成功法則

当時、タイトルに惹きつけられて購入しました。 著者、斎藤一人さんは健康食品「銀座まるかん」の創業者で、全国長者番付で1位になるなど(それ以外も上位をキープ)大のお金持ちで、自己啓発本好きの方なら誰もが …

一瞬で自分を変える法

書評ブログのトップバッターは、 誰でも実践可能なノウハウが紹介されている成功哲学書になります。 タイトルは、「一瞬で自分を変える法」 個人的な見解として成功哲学本は大きく分類すると、 ①目標達成方法 …

ユダヤ人大富豪の教え

「幸せな金持ちなるためには、自分らしい人生を生きる必要がある」(引用) 本書は、自由に生きるため、ワクワクした仕事をするためのヒントについて書かれています。マンガ化され、ベストセラーにもなりました。勉 …

プロフェッショナル ミリオネア

サラリーマンの4割程度が年収300万円以下という現実がある一方、年収1億円という莫大な額を稼ぐ層も存在します。 本書は、お金を稼ぐための思考法について書かれ、具体的に高い年収を得ている6人の経営者を取 …