日記 感じたこと

公共交通機関で学べること

投稿日:

公共交通機関で、世の中の人間の心理や傾向が分かり、マーケティングのヒントになります。

たとえば、
通勤ラッシュ時に地下鉄や電車に乗る方なら実感していると思いますが、
大勢の人がドア付近に集中して、奥の方が空いていることがよくあります。
これは、降りる駅が集中するために、みんな早く降りようとする心理が働くからです。
早く出たがるのは、改札に混雑しないためだったり、少しでも職場に早く着くためだったり、寝坊したから急いでいるだったり、とにかく早く出たい気持ちがあるから自然とそうなると思います。

これが、通勤ラッシュではなく、夜や昼だと、朝の通勤ラッシュほどドア付近には集中していません。

それだけ、朝は時間の感覚がみんなシビアになっているのかと思います。

となると、サラリーマンや若者向けのブログを投稿する場合、朝の時間は出来るだけ避けた方が良いって考えにもなります。

今はコロナ禍で、ちょっと変わっていますが、朝のラッシュ時を見てみるとそんな傾向が見られます。

あとは、電車を待っているときの行列について。
仮に1両〜5両まであるとしたら、真ん中の2両〜4両あたりは行列が出来ているのに対して、端の1両と5両はわりと空いてる傾向があります。

これを推測すると、
ひとつは、人が多いところに集まるという集団心理の効果が働いているのだろうと思います。
ふたつめは、真ん中の方が座れる確率が高く、仮に座れなくても左右どちらかの両に行けば座れるチャンスがあるから、真ん中に行く心理ではないかと思います。

でも、実際に経験した感覚ですと、
同じ20列目くらいに待っているとしたら、真ん中の両より端の両で待っている方が座れる確率は高いです。
そして、真ん中だと人も多くどちらかというと騒がしい傾向が、端の方ではわりと静かめな傾向があります。

そのため、出張や旅行などでゆっくりしたい時は、なるべく端の両に座るようにしてます。

普段通勤で使っている公共交通機関で人の動きを少しだけ観察して、大勢がしている共通点を探ってみてください。
そのような観察をするだけで、仕事や生活でのヒントが掴めるかもしれません。

さらに自分なりに仮説を立てて、ほんとにそうなのか検証してみると信憑性が高まるのでなお良いです。


-日記, 感じたこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生充実させるためにたまには◯◯しよう

結論、 たまにはインパクトのある経験を することおすすめします。   なぜかいうと、 普段とは違うインパクトのある経験 をしていくと、レベルアップと充実感が 高まるからです。   …

人生の振り返りは重要【すぐに出来る方法を紹介】

  ・人生なかなか思うようにいかない ・コロナ禍で自分自身を見つめる機会が増えた ・なんだか最近時間経つのか早く感じる ・これまで人生哲学なんて考えたこともなかった   人生の振り …

この気持ちがあればあなたも会社のトップ5%に入れる

仕事でトップの成績を出すには、どういう気持ちでいることが大切か考えたことありますか。 会社の中で出来る人、お得意先ですごいと感じた人、知り合いでしっかり実績を出している人を見て、共通している仕事マイン …

読書の重要性について

今日は改めて読書の重要性について書きます。 このご時世家の中で読書の機会が増えた方もいるかもしれませんが、 個人的には、自己実現をしたければ読書は必須であると思っています。 読書が重要なところは何かと …

あなたはどんなプレースタイルですか?

  人にはそれぞれの持ち味っていうか、 必要な時に自分の良さを発揮するための プレースタイルというものかあると思います。 ・元気はつらつで明るさが持ち味のプレースタイル ・とにかくチャレンジ …